>
 

ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

京都在住湖国寄り、八朔が「明日なき暴食」を理念にラーメンを食べ歩きます。

 
プロフィール

hassakuman

Author:hassakuman

カテゴリ

京都府 (723)
京都市北区 (22)
京都市左京区 (121)
京都市上京区 (54)
京都市中京区 (90)
京都市下京区 (85)
京都市右京区 (45)
京都市西京区 (5)
京都市東山区 (10)
京都市山科区 (125)
京都市伏見区 (67)
京都市南区 (15)
宇治市 (20)
京田辺市 (5)
八幡市 (11)
城陽市 (16)
木津川市 (4)
向日市 (3)
長岡京市 (1)
与謝郡 (3)
舞鶴市 (1)
福知山市 (6)
綾部市 (2)
南丹市 (2)
亀岡市 (3)
久世郡 (7)
滋賀県 (484)
高島市 (1)
長浜市 (38)
彦根市 (53)
愛知郡 (3)
東近江市 (6)
近江八幡市 (16)
犬上郡 (2)
甲賀市 (8)
湖南市 (15)
蒲生郡 (8)
野洲市 (4)
守山市 (51)
栗東市 (4)
草津市 (46)
大津市 (229)
大阪府 (353)
大阪市淀川区 (11)
大阪市東淀川区 (5)
大阪市西淀川区 (7)
大阪市福島区 (13)
大阪市港区 (1)
大阪市北区 (18)
大阪市都島区 (4)
大阪市鶴見区 (7)
大阪市城東区 (3)
大阪市生野区 (2)
大阪市中央区 (25)
大阪市浪速区 (5)
大阪市西区 (5)
大阪市東成区 (4)
大阪市西成区 (4)
大阪市天王寺区 (1)
大阪市阿倍野区 (9)
大阪市住吉区 (4)
大阪市東住吉区 (1)
高槻市 (55)
茨木市 (8)
豊中市 (34)
箕面市 (3)
池田市 (4)
摂津市 (2)
吹田市 (11)
寝屋川市 (7)
枚方市 (20)
交野市 (6)
門真市 (10)
守口市 (10)
大東市 (9)
東大阪市 (10)
八尾市 (5)
藤井寺市 (1)
柏原市 (1)
堺市 (12)
岸和田市 (1)
高石市 (1)
大阪狭山市 (4)
羽曳野市 (1)
河内長野市 (1)
泉大津市 (2)
和泉市 (1)
泉佐野市 (3)
阪南市 (1)
泉南郡 (1)
兵庫県 (118)
奈良県 (91)
和歌山県 (35)
三重県 (48)
愛知県 (62)
岐阜県 (25)
福井県 (33)
石川県 (9)
新潟県 (10)
島根県 (2)
東京都 (2)
北海道 (3)
うどん (10)
その他 (90)
未分類 (6)
滋賀ラーメン元気党 (3)
鳥取県 (2)

月別アーカイブ
八朔のつぶやき

検索フォーム

最新コメント
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
QRコード

QR

にほんブログ村



こちら方面へ来る際は呟きチェックするのも楽しみのひとつになりました、「ラーメンHARU」さん。
この日は「煮干しらーめんのみになります」とのアナウンス。
前回訪れた際に鶏清湯をいただきましたので、今回の煮干しは願ったり叶ったり、踊ってみたり歌ってみたりでポールゲットです。

「塩煮干しらーめん(700円)」

端正なヴィジュアルに反して、ド~ンと迫るニボ感。しかし言葉からイメージするガツン出汁ではなく、上品さと穏やかさを力強く伝えるもので、体内の奥深くまで旨味を染み渡らせます。
前回とはベースが異なりますので単純に比較はできませんが、出汁と塩ダレとのバランスも磨きがかかり、より一体感が得られるようになりました。
食べ終えたときに残り、そして戻り来る余韻が実に素晴らしく、伝説が徐々に実体を表しジワジワジワジワざわざわざわざわです。
この日は自家製麺ではありませんでしたが、スープに寄り添うしなやかな細麺はバツにグン。
ホロっと崩れそうなチャーシューも肉の旨味が存分に感じられペキにカンでした。
激戦区だけに他のお店も行ってみたいのですが、やっぱり外せない「ラーメンHARU」さん。
次回もイクの決まりです。
ごちそうさま!

no25rhsnr94464.jpgno25rhsnr94465.jpg


店名 ラーメン HARU
住所 愛知県春日井市東野町2-16-8
電話番号 非公開
営業時間 11:00~14:00
定休日 月曜
駐車場 あり
Twitter @marco_zizi



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



2014年に栄から一宮へ移転された「麺屋 三郎」さん。
鼻歌混じりにハンドル切れるぐらい一宮は訪れていましたが、なかなかタイミングが合わずにようやくの初訪です。
閑静な住宅街の中のでっかいお店でビックリ。駐車場も完備されており、利用しやすさ満点です。
セルフスタイルで2度目のビックリ。番号札を握りしめて待つ間は、いつどこででもワクワクです。

「塩らぅめん(780円)」+ 煮たまご(100円)

嬉しい具材別皿提供。純真な世界に踏み込むようで、チョット罪な気分を感じながらスープを味わいます。
素材の旨味をこれでもかと詰め込んだ濃厚清湯。魚介と貝が引き立てる鶏のスケール感、奥行きが共に絶大で、一口目から惹きつけられます。
文章にするとありがちな表現になってしまいますが、「味」が持つ力を最大限に引き出して訴えかけてくるといった印象を受けます。
旨い。
説明できないぐらいに旨いです。
なんなら踊って歌いますので許してほしいぐらいです。
寄り添うしなやかな細麺の啜り心地、風味と、スープとの相性を考え尽くされたであろう一体感。
隙のない具材の構成。
「完璧」というと突っ込まれそうですが、JFK、ビワチケットタイシン、ポップコーン翼漂泊こそ完璧だと思う私が推します完璧麺。
これだけでもKO必至なのに、12月17日は「らの道Ultimate」に参戦決定。
ワクワクはまだまだ続きます。
ごちそうさま!

no23mssr94386.jpgno23mssr94390.jpg


店名 麺屋 三郎
住所 愛知県一宮市三条字四反田79-5
電話番号 不明
営業時間 11:30~14:00(L.O) 18:30~21:30(L.O)
定休日 火曜日
駐車場 あり
ブログ 麺屋三郎のブログ



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 



ラーメン難民寸前のとある夜、Myバイブルである食べログの「スープ売り切れ次第終了」の文字にビビリながらも、サンダルドリフトで到着は閉店5分前の「らーめん えびす」さん。
悲壮な顔を作って「まだイケますか?」と訊ねたのが良かったようで、「泣かなくてもいいですよ」と店主さん。
嘘です。快く受け入れていただきました。
広々とした店内にカウンターとテーブル席。
券売機右の「煌き」、「ときめき」にピピっと閃きましたが、心のざわめきをよそに・・・ハイ、もうやめときます。

no22rets94411.jpgno22rets94435.jpg

「特製醤油えびす(900円)」

琥珀色の美しいスープの主役は魚介。ガツンではなく優しくふわりと漂う煮干しと節の風味がええ感じに押し寄せてきます。
食べ始めはフラットに思える醤油も、後半になるとグイッと引き寄せる絶妙の塩梅。
出汁とかえしのバランスを整え、上品な味わいを形成。それでいてしっかりとラーメンしている点がグ~で、ならば白湯はどうなのよと気になって仕方ないよね?
と、何故か問いかけてみたり。

no22rets94423.jpg

サクッと歯切れの良い細麺。若干強すぎる感じもしましたが、白湯ならバッチリ合いそうです。白湯がこの麺かは確認してませんが。
鶏チャーシュー、モモとムネ。モモの代わりに豚のときもあるようです。
シャキシャキしたオニオンスライスが風味、食感の両方で良いアクセントになっています。
2017年6月末オープンの準新店。今後が大いに楽しみです。
とりあえず次回は白湯か塩か煌きかときめきで・・・とりあえずになってませんが。
ごちそうさま!


店名 ら~めん えびす
住所 愛知県小牧市小牧2-43
電話番号 0568-68-6355
営業時間 11:00~14:30 17:30~22:00
     ※売り切れ次第終了
定休日 不定休
駐車場 あり
Twitter @SEIS21059637



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 



朝からの仕事を終えて心と身体を取り返す帰り道、視界の片隅に捉えた「ラーメン」の文字に思わずハンドル切りそうになりましたが、分離帯そびえる26号線。通過して戻ってきたら、なんかごっつーアウェーな感じで少し躊躇、「ラーメン麺工房」さん。
出来上がったオチャーンズをすり抜けて奥のテーブル席へ。
トイレは和式。ノズル噴射して戻ってきたら、着席と同時に着丼。早っ!

no21rmktr97249.jpgno21rmktr97250.jpg

「特製ラーメン(740円)」

色濃い醤油スープにオイルがギラつくワイルドな出で立ち。
動物系の土台はさておき、化調と胡椒で大胆に輪郭を形成したインパクトのあるスープです。
普段ならロープブレイクですが、この日の疲労度は尋常でなく、お約束の張り手を待つほどに刺激を求めてしまいました。
ああ、ええわー、このローラな感じ。

no21rmktr97261.jpgno21rmktr97258.jpg

プリッとした中細麺。かん水臭がやや気になりますが、スープというより胡椒を上手く持ち上げ、風味を中和してくれます。
お店の雰囲気から絶対に間違いないと確信して注文した「炒飯(430円)」。
ラーメンのスープが強すぎたのか、意外と素朴な味付けに感じられました。
地元の人々に愛されている感満載。私のような通過して戻ってきた人間も快く迎え入れ、癒してくれる有難いお店でした。
またフラッと寄ってみたいですね。
ごちそうさま!


店名 ラーメン麺工房
住所 大阪府泉佐野市南中安松689-4
電話番号 072-466-5525
営業時間 11:30~13:30 18:00~26:00 ~24:00 (日火)
定休日 水曜日
駐車場 あり



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 



この日は口がガッツリ系。さらにしっかり豚感で打ちのめされたいMな感じでしたので、こちら「無鉄砲しゃばとん」さんへ。
駐車場満車でしたが初志貫徹、一歩も引く気はなく空くまで周辺をグルグル。

no16msbs94308.jpgno16msbs94285.jpg

「豚そば 肉増し(950円)」 にんにく、野菜入り。

これよ、これこれ。
豚骨の力強さだけでなく、丸みと滑らかさを上手く引き出し、脂を同化させた、こってり好きには堪らない一杯。
他店比では十二分にガツンの押し迫る豚骨に惚れ惚れします。
口の周り汚くしてでも貪るように食いたいラーメンです。

no16msbs94306.jpg

豪快に食ってナンボの極太麺。弾力と重量感はヘビー級。このスープに対してはこれぐらいでなければ持ちこたえられないですね。
モヤシとキャベツがどっさり。ミンチ肉もええ仕事しています。
満腹感と同時に満足感が得られるのがこの一杯の特徴。
たまにしか来ないんですが、一度食べると何度でも食べたくなる魅力があります。
ごちそうさま!


店名 無鉄砲しゃばとん
住所 奈良県奈良市六条町124-1
電話番号 0742-36-2700
営業時間 11:00~15:00 18:00~23:00
定休日 月曜
駐車場 あり
WEB 無鉄砲公式サイト
facebook 無鉄砲
Twitter @ramen_muteppou



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

お店のサイト

あいつのラーメン かたぐるま
いっちゃんラーメン
俺のラーメン あっぱれ屋
頑固麺
祇園麺処むらじ
キラメキノトリ
京都千丸しゃかりき
吟醸らーめん久保田
極太清流らーめん
拳ラーメン
拳10ラーメン
下鴨 塩見家とんとん
セアブラノ神
本家第一旭 たかばし本店
高安
地球規模で考えろ
珍遊
珍龍軒
つけ麺マン
天骨庵 慶心 庵主録
天天有ひるまや
豆乳らーめん専門店「豆禅」
中華そば 東龍
麦笑 豚人
まる担 おがわ
麺喰亭
麺工房 華楊
麺処 雁木
麺屋 極鶏
麺屋シマフクロウ
麺屋ソミーズ
麺屋 中野
夢を語れ
ラーメンたっちゃん
ラーメン たぬき屋
らーめん 鶴武者
らーめん のん

Kitchen OMUHICO
豚骨やたい 九州雄
二天一流
バリバリジョニー
幻の中華そば加藤屋
幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章
まるきや翔華
麺屋げんた
麺屋 號tetu
麺屋ジョニー
麺屋 白頭鷲
麺屋風火 大津青山店
麺や 結
ラーメンいっこく
らーめんチキン野郎
ラーメン桃李路
ラーメンにっこう
らーめん みふく

あす流
一日一麺LAB⁺
かしや
カドヤ食堂
極麺 青二犀
KUCHE
彩色ラーメン きんせい
三麺流 武者麺
中華そば ふじい
中華そば 〇丈 maruJOE 
中華そば 無限
鶏soba 座銀
フスマにかけろ 中崎壱丁
みつか坊主
麺と心7/JUNK STORY
麺屋 彩々
麺や拓 エビス店
麺屋のりお
麺屋7.5Hz
らーめん香澄
らーめんstyole JUNK STORY
らーめん大斗
龍旗信

彩華ラーメン
麺処 と市
屋台ちかみちらーめん
らーめん春友流
らーめん文福
ラーメン家 みつ葉

大かわ
しぇからしか
必死のパッチ製麺所
房's
ラーメンたんろん

麺ダイニング月乃家

あすの澪
開花屋楽麺荘
鉢ノ葦葉
menkou ともや
麺や 暁
麺屋 すみか
有機栽培野菜のらーめん すみれ
らーめん門蔵

空庵
つけめん舎 一輝
麺の坊 晴レル屋
麺座 かたぶつ
麺屋 桜
麺屋 はなび
山之手 虎玄
らぁ麺 飛鶏
らぁめん こはく

一兆家
鳥そば 真屋
麺屋 三十六房

しゅんしゅんめん
牟岐縄屋
麺屋 勝木
横浜家系らーめん英
ラーメン 多弐家

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

麺屋直送便
無料イラスト素材 イラストバンク