>
 

ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

京都在住湖国寄り、八朔が「明日なき暴食」を理念にラーメンを食べ歩きます。

 
プロフィール

hassakuman

Author:hassakuman

カテゴリ

京都府 (736)
京都市北区 (22)
京都市左京区 (124)
京都市上京区 (55)
京都市中京区 (92)
京都市下京区 (86)
京都市右京区 (45)
京都市西京区 (5)
京都市東山区 (10)
京都市山科区 (127)
京都市伏見区 (67)
京都市南区 (16)
宇治市 (20)
京田辺市 (5)
八幡市 (11)
城陽市 (16)
木津川市 (4)
向日市 (3)
長岡京市 (1)
与謝郡 (3)
舞鶴市 (1)
福知山市 (7)
綾部市 (2)
南丹市 (2)
亀岡市 (3)
久世郡 (9)
滋賀県 (501)
高島市 (1)
長浜市 (41)
彦根市 (53)
愛知郡 (3)
東近江市 (6)
近江八幡市 (16)
犬上郡 (2)
甲賀市 (9)
湖南市 (16)
蒲生郡 (8)
野洲市 (4)
守山市 (52)
栗東市 (4)
草津市 (49)
大津市 (237)
大阪府 (367)
大阪市淀川区 (11)
大阪市東淀川区 (5)
大阪市西淀川区 (7)
大阪市福島区 (13)
大阪市港区 (1)
大阪市北区 (20)
大阪市都島区 (4)
大阪市鶴見区 (8)
大阪市城東区 (3)
大阪市生野区 (2)
大阪市中央区 (26)
大阪市浪速区 (5)
大阪市西区 (5)
大阪市東成区 (4)
大阪市西成区 (4)
大阪市天王寺区 (1)
大阪市阿倍野区 (9)
大阪市住吉区 (4)
大阪市東住吉区 (1)
高槻市 (56)
茨木市 (8)
豊中市 (34)
箕面市 (3)
池田市 (4)
摂津市 (2)
吹田市 (12)
寝屋川市 (8)
枚方市 (25)
交野市 (7)
門真市 (10)
守口市 (10)
大東市 (9)
東大阪市 (10)
八尾市 (5)
藤井寺市 (1)
柏原市 (1)
堺市 (12)
岸和田市 (1)
高石市 (1)
大阪狭山市 (4)
羽曳野市 (2)
河内長野市 (1)
泉大津市 (2)
和泉市 (1)
泉佐野市 (3)
阪南市 (1)
泉南郡 (1)
兵庫県 (125)
奈良県 (96)
和歌山県 (37)
三重県 (56)
愛知県 (84)
岐阜県 (32)
静岡県 (3)
福井県 (37)
石川県 (14)
新潟県 (10)
鳥取県 (3)
島根県 (2)
東京都 (2)
北海道 (3)
うどん (10)
その他 (94)
未分類 (6)
滋賀ラーメン元気党 (3)

月別アーカイブ
八朔のつぶやき

検索フォーム

最新コメント
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
QRコード

QR

にほんブログ村



老舗感に満ちています、「ラーメン 中村」さん。
一宮市の真清田神社周辺にあるいくつかのお店の中のひとつで、さぞかし流れゆく幾多の時代を見続けてきたであろう佇まい。
こじんまりとした店内はカウンター6席、家庭的な雰囲気とリーズナブルで優しいラーメンが魅力です。

「チャーシューメン(550円)」

お店が狭くお客さんが写り込むからという理由で店内撮影はNGです。
壁のメニューが撮れませんでしたが、他に味噌、ワンタン、サイドに餃子、そしてランチセット等。
ラーメン単品で450円という昭和価格はチャリンコ全速力で洛東坂を駆け下り、駅前王将へ走った時代を思い出させます。
鶏がらを主体としたシンプルな醤油ラーメン。醤油の柔らかさもありますが、香味野菜由来と思われる甘味とほのかな生姜の風味が、ホッコリと和める味わいを伝えてくれます。
スープに上手く馴染んだ極細麺、親しみを感じさせる甘い味付けのチャーシューと、個性も存分に。
こういったノスタルジックなラーメンには、「特別なものがないことが特別」と書いてしまいがちですが、私的にはメチャメチャ特別に思えました。
鉢の中に底など感じられず、スープ以上に深い人間の心が見えた・・・そんな気がした、昭和93年。
間違いなくまた行きます。
ごちそうさま!

8p21rnr0136.jpg


店名 ラーメン 中村
住所 愛知県一宮市真清田1-2-1
電話番号 非公開
営業時間 11:30~14:00 17:00~21:30
定休日 水曜
駐車場 なし



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト



らららなあの日から40年近く経ちましたが、篠島も伊良湖も遠いんですね~。橋が架かっていれば私の生活もかなり変わるのに・・・。
この日も南下することなく名古屋へリターンした知多の日。
半田、武豊訪問時もナビが選択した道路、その道沿いに「麺屋 志縁」さんはありました。
晴れた日のお昼前、バシバシとお客さんが現れ、あっという間に店内は満席です。

8p13msrsa9508.jpg8p13msrsa9509.jpg

「 らーめん しょうゆ 味玉入り(800円)」

美しい琥珀色のスープから華やかに立ち昇る魚介の風味が最初に。
その主張を損なうことなく引き立て、自らも存在を示す動物系の支えがじんわり次に。
そして角の取れた滑らかな醤油もまた全体をデリケートに押し上げることで、この一杯の方向性を明確にしています。
決して派手なものではありませんが丁寧に作り上げられたスープが持つ魅力はどえらいものがあります。

8p13msrsa9491.jpg

そのスープに切り込むかのような強いコシを有する細麺がビシバシッ。麺の食感がスープをさらに引き締めてくれます。
ホロっと崩れそうなチャーシュー、コリコリメンマともに素朴な味付けで、素材の味を活かすと同時に、やはりスープを引き立てているように思えます。
ファーストインパクトから細部に至るまで綿密に計算された味づくりには驚かされるばかりでした。
地元食材へのこだわりも強く、こういったお店がオサーンを子供をウメェ~と喜ばせ、地域が盛り上がり、スバラ、スバラ・・・と京都人が思ったりするわけです。
また行きたい、心底思えるお店でした。
ごちそうさま!


店名 麺屋 志縁
住所 愛知県東海市加木屋町石塚11-1
電話番号 0562-34-2332
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:30
定休日 毎週日曜・第1、3月曜日
駐車場 あり
WEB 麺屋 志縁 公式サイト



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 



1年前に東海をウロウロしていて、たまたま見つけた名古屋コーチン卵のお店が刈谷にあり、それ以来必ず訪れているエリアであります。
お土産はいつも卵ばっかりや~と、ま~ちんさん節で始まる今回の記事は、「自家製麺 ら~めん かり屋」さん。
2017年12月オープンのホヤホヤながら、驚くぐらい腰の据わった一杯に桃の木です。
カウンター、券売機、店前に駐車場。

8p5jsktsr0662.jpg8p5jsktsr0663.jpg

「特製塩ラーメン(950円)」

動物系不使用の魚介スープ。煮干しの香り高さと、重厚な出汁感、昆布の支えも相当に強く、食べる者の首根っこ掴まえんばかりに旨味が押し寄せます。
塩の甘味を活かしたタレも強めに合わされ、より輪郭を強調した味わい。
動物系を使用せずに力強さと厚みをバコーンと伝えたスープといえます。

8p5jsktsr0653.jpg8p5jsktsr0655.jpg

全粒粉入りの中細ストレート、食感はもっちりしたもの。驚くべきはその麺肌の滑らかさで、ツルツルというよりはまとわりつくようなぬらりひょん。例を挙げるなら黒木香で、早くも2018年エロ麺大賞候補となっております。
ただ、大きな声では言えませんが、私的には苦手なタイプかと。
ジューシーな肉質の豚、ハーブの効いた鶏とお肉2種はいずれも食わせるもの、メンマもコリッと仕上げられ、具材は申し分なしです。
〆に御飯が提供されるのも嬉しいところ。
オープン間もないお店ながらやっぱり流石の当然人気店のようで、バンバンとお客さんが来られてました。
次に訪れる頃は大行列覚悟せねば。
ごちそうさま!


店名 ら~めん かり屋
住所 愛知県刈谷市松栄町2-10-2
電話番号 090-9906-6525
営業時間 11:30~15:00 18:00~22:00
定休日 火曜
駐車場 あり



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 



こんなエエ匂いのする駐車場がこの世にあるんかと衝撃 in Pの「だし・麺 未蕾」さん。
パワーウインドウの隙間から入り込む煮干しの香りを思い切り吸い込んでにんまり。

8p3dmmdss101198.jpg8p3dmmdss101199.jpg

「だしそば しょうゆ(780円)」+味玉(100円)

ネーミングに偽りなく、煮干しを主体とした魚介と、それを押し上げる鶏の洗練された出汁感が広がるスープ。
香味油の効果もあり主張性が目立つ煮干しながら、クドさは皆無で、バランスに長けた側面も備えています。
醤油のほのかな甘味が全体を丸く纏めており、出汁とかえしが一体となった完成度の高い一杯といえます。

8p3dmmdss101180.jpg8p3dmmdss101197.jpg

しなやかなコシを有する細麺。啜り心地の良さと確かな歯応えを同時に伝えてくれます。
具材ではしっかりとした肉の旨味が感じられるチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、そしてナルトがエエ感じに鉢を彩っています。
終盤は「和え玉 ハーフ(150円)」を注文。
東海の麺友さんからも「絶対」とオススメされていた一品で、これがヅラズレるぐらい旨~!
こちらは煮干しに加えて鶏油でまろやかさを押し出した味わいとなっています。
そのまままぜそばとして食べても良し、スープに浸してつけ麺としても良し。
私からあなたへ、あなたから私へのビューティビューティーな「絶対」です。

2018年2月オープンという新店ながら、その完成度と隙の無い味づくりにビックリ。
再訪間違いなし・・・というか明日にでも行きたいぐらいです。
未来は未蕾のためにとベタなセリフを残して、もう寝ます。
ごちそうさま!


店名 だし・麺 未蕾
住所 愛知県蒲郡市本町1-25
電話番号 非公開
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 水曜
駐車場 あり



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ



姉さん、事件です!行列の先が見えません!
早朝にしては強い日射しが降り注ぐエイプリルフール。愛知県半田市で行われた「らの道 東海 Scramble」は三重県四日市市の「鉢ノ葦葉」さんと、開催店舗である「麺屋さくら」さんのスーパーコラボ。
転売屋が「前売り券ないの?」とボヤくかもの超絶人気で、チケット販売開始の午前8時で並びは130人超でした。

8p1hamsrmc101859.jpg

チケットを購入したあとお店を離れ、形だけのビジネースで名古屋へ。しかし気持ち落ち着かずで、「親戚が危篤のような気がします」の言葉を残して午後3時、半田に戻ってきました。
行列捌けてるかと思いきや50人超。入店時には街灯に明かりが灯る始末で、「嘘やろ?」のセリフがジャストフィットな四月馬鹿。
しかし目の前には嘘のような本当のなんかよーわからん凄いヤツ、ドン!

8p1hamsrmc101908.jpg

「Nagoya Corchin Egg Sand Noodle vs 鴨のラグー、キュイスドカナールのコンフィ(2000円)」
※4/1 らの道限定

メニュー名長くてタグれません。略して「俺と俺、でも俺たちではない、コース料理の一皿盛り」。
かぶりつきたい衝動を抑えて澄ましながら麺啜ってみたりする自分にチョイ狼狽えましたが、いきなり舌入れたらあかんと教わった中学時代を思い返したり・・・。
でも欲求は肉。素手で荒々しく鷲掴み。骨付き鴨肉にかぶりつく、「俺の鴨」。
コンフィは大好きでスーパーの安い鶏モモでよく作りましたが、オリーブオイルと塩、胡椒、いわば油と調味料で引っ張ったド素人料理を引き合いに出しちゃいかんですね。
現代的に真空調理されたキュイスドカナールをオーブンでパリッと仕上げたもの。素材の旨味が内に封じ込められ、貪り噛みしめガブったときの肉の旨味が激スバラです。
しかも思っていた以上にヴォリュームがあります。画像ではわかりにくいかと思いますが、昔風に言うならKYON2の顔ぐらいです。

8p1hamsrmc101900.jpg

麺に絡むのが鴨のラグー。肉の旨味と出汁、かえしが上手く融合し、癖なく食える上質の味わい。
それらスーパーヘビー級の鴨感に押されないどころか、押している鉢ノ葦葉謹製のNagoya Corchin Egg Sand Noodle、略して「俺の麺」。
普段使用されている無双小麦の麺と、名古屋コーチンの卵、塩、愛知県産強力粉ゆめあかりによる麺の三層構造。
メニューの方向性からしてパスタ的な印象を受けますが、今回の特別麺のコシ、弾力、風味の力強さは誰が何と言おうと「ラーメンの麺」であり、松山千春風に評するなら「四分六だな」なごっつい麺でした。

8p1hamsrmc101909.jpg

「しめのフォアグラ丼(1000円)」

濃厚な旨さは疲れと仕事と待ち受ける未来をも忘れさせることを知った一品。
コンソメ出汁で軽いめに味付けられた御飯に濃厚なフォアグラ、香り高いトリュフ。申し分のない具材だけにシンプルに塩だけってのもグ~なんですが、鴨のラグーをかけて贅沢にいただくのが年度初めの勢いづけってことでええかと。

ラーメンの域を超えた・・・と書こうかと思いましたが、この2店に関しては最初から「ラーメンの域」なんてチッチッチですね。
今日も明日も三十年後も枠にとらわれない至高のラーメンを提供されていると思います。
この場に居合わせられてホント良かった。
近年、関西よりも東海にいることが多いだけに「らの道 東海 Scramble」を存分に堪能することができ、「美味は喜び」を実感できた1ヶ月でした。
ごちそうさま!
またいつの日か!


店名 麺屋 さくら
住所 愛知県半田市出口町1-45-16
電話番号 0569-24-4741
営業時間 11:00~15:00 
定休日 火曜、水曜
駐車場 あり
facebook 麺屋 さくら
Twitter @kirari20100412



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

お店のサイト

あいつのラーメン かたぐるま
いっちゃんラーメン
俺のラーメン あっぱれ屋
頑固麺
祇園麺処むらじ
キラメキノトリ
京都千丸しゃかりき
吟醸らーめん久保田
極太清流らーめん
拳ラーメン
拳10ラーメン
下鴨 塩見家とんとん
セアブラノ神
本家第一旭 たかばし本店
高安
地球規模で考えろ
珍遊
珍龍軒
つけ麺マン
天骨庵 慶心 庵主録
天天有ひるまや
豆乳らーめん専門店「豆禅」
中華そば 東龍
麦笑 豚人
まる担 おがわ
麺喰亭
麺工房 華楊
麺処 雁木
麺屋 極鶏
麺屋シマフクロウ
麺屋ソミーズ
麺屋 中野
夢を語れ
ラーメンたっちゃん
ラーメン たぬき屋
らーめん 鶴武者
らーめん のん

Kitchen OMUHICO
二天一流
博多とんこつ 真咲雄
バリバリジョニー
幻の中華そば加藤屋
幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章
まるきや翔華
麺屋げんた
麺屋 號tetu
麺屋ジョニー
麺屋 白頭鷲
麺屋風火 大津青山店
麺や 結
ラーメンいっこく
らーめんチキン野郎
ラーメン桃李路
ラーメンにっこう
らーめん みふく

あす流
一日一麺LAB⁺
かしや
カドヤ食堂
極麺 青二犀
KUCHE
彩色ラーメン きんせい
三麺流 武者麺
中華そば ふじい
中華そば 〇丈 maruJOE 
中華そば 無限
鶏soba 座銀
フスマにかけろ 中崎壱丁
みつか坊主
麺と心7/JUNK STORY
麺屋 彩々
麺や拓 エビス店
麺屋のりお
麺屋7.5Hz
らーめん香澄
らーめんstyole JUNK STORY
らーめん大斗
龍旗信

彩華ラーメン
麺処 と市
屋台ちかみちらーめん
らーめん春友流
らーめん文福
ラーメン家 みつ葉

大かわ
しぇからしか
必死のパッチ製麺所
房's
ラーメンたんろん

麺ダイニング月乃家

あすの澪
開花屋楽麺荘
鉢ノ葦葉
menkou ともや
麺や 暁
麺屋 すみか
有機栽培野菜のらーめん すみれ
らーめん門蔵

空庵
つけめん舎 一輝
つけ麺 丸和
麺の坊 晴レル屋
麺座 かたぶつ
麺屋 桜
麺屋 はなび
山之手 虎玄
らぁ麺 飛鶏
らぁめん こはく

一兆家
鳥そば 真屋
麺屋 三十六房

しゅんしゅんめん
牟岐縄屋
麺屋 勝木
横浜家系らーめん英
ラーメン 多弐家

Soul Noodles the R&R
天日地鶏

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

麺屋直送便
無料イラスト素材 イラストバンク