>
 

ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

京都在住湖国寄り、八朔が「明日なき暴食」を理念にラーメンを食べ歩きます。

 
プロフィール

hassakuman

Author:hassakuman

カテゴリ

京都府 (690)
京都市北区 (19)
京都市左京区 (116)
京都市上京区 (54)
京都市中京区 (86)
京都市下京区 (80)
京都市右京区 (42)
京都市西京区 (5)
京都市東山区 (9)
京都市山科区 (122)
京都市伏見区 (65)
京都市南区 (14)
宇治市 (19)
京田辺市 (5)
八幡市 (10)
城陽市 (14)
木津川市 (4)
向日市 (2)
長岡京市 (1)
与謝郡 (2)
舞鶴市 (1)
福知山市 (6)
綾部市 (2)
南丹市 (2)
亀岡市 (3)
久世郡 (7)
滋賀県 (452)
高島市 (1)
長浜市 (35)
彦根市 (51)
愛知郡 (2)
東近江市 (5)
近江八幡市 (16)
犬上郡 (2)
甲賀市 (7)
湖南市 (13)
蒲生郡 (7)
野洲市 (4)
守山市 (50)
栗東市 (4)
草津市 (41)
大津市 (214)
大阪府 (325)
大阪市淀川区 (11)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市西淀川区 (7)
大阪市福島区 (12)
大阪市北区 (17)
大阪市都島区 (4)
大阪市鶴見区 (7)
大阪市城東区 (3)
大阪市生野区 (2)
大阪市中央区 (23)
大阪市浪速区 (5)
大阪市西区 (5)
大阪市東成区 (4)
大阪市西成区 (3)
大阪市阿倍野区 (9)
大阪市住吉区 (4)
大阪市東住吉区 (1)
高槻市 (51)
茨木市 (8)
豊中市 (32)
箕面市 (3)
池田市 (3)
摂津市 (2)
吹田市 (11)
寝屋川市 (7)
枚方市 (16)
交野市 (6)
門真市 (9)
守口市 (9)
大東市 (9)
東大阪市 (8)
八尾市 (5)
柏原市 (1)
堺市 (10)
岸和田市 (1)
高石市 (1)
大阪狭山市 (4)
羽曳野市 (1)
河内長野市 (1)
泉大津市 (2)
和泉市 (1)
泉佐野市 (2)
泉南郡 (1)
兵庫県 (112)
奈良県 (85)
三重県 (43)
和歌山県 (33)
福井県 (27)
愛知県 (38)
岐阜県 (19)
石川県 (9)
新潟県 (10)
東京都 (2)
北海道 (3)
うどん (10)
その他 (88)
未分類 (6)
滋賀ラーメン元気党 (3)
大阪市天王寺区 (1)

月別アーカイブ
八朔のつぶやき

検索フォーム

最新コメント
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
QRコード

QR

にほんブログ村



2月22日、一乗寺にオープンした「めんや鶏志」さん。
ヤマザキデイリーの交差点を少し北へ行った西側、丁度「極鶏」さんの行列が目に入って、おおっとなる辺りです。
白を基調としたスタイリッシュな店内、高いカウンターと壁側に2人掛テーブルがあります。
メニューは鶏白湯を軸として、煮干し、海老出汁を合わせたもので、超濃厚、つけ麺など、メニュー毎にバリエーションを持たせています。
オープン初日から全メニュースタンバイは流石ッス。
たくさんのPOPもご苦労様ッス。

f25mknnts5028.jpgf25mknnts5038.jpg

「濃厚煮干し鶏そば(780円)」

煮干し香る前半。えぐみはなく、しかし結構強めに押し迫ってくるものでインパクトはあります。
やや持続性に欠け、中盤からフラットになりますが、鶏白湯も癖のないもので、万人受けする食べやすいスープだと思います。
卓上に黒煎り七味、果実酢、煮干し粉、自家製辛味が用意、おろしニンニク、おろし生姜もあるそうです。

f25mknnts5049.jpg

説明書きには中加水と記されていましたが思いのほかパツン。スープとの相性も良いものでした。
具材では鶏肉がモモとムネ。穂先メンマにネギ、海苔です。
全体的に見ればきっちり整えられた完成度の高い一杯で、なるほど~と思わせられました。
激戦区一乗寺で伸し上がるには個性なり面白味が不可欠ですし、もっとヤンチャに攻めていただきたいと思いましたが、まずは開店おめでとうございます!


店名 めんや鶏志
住所 京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町31番地
電話番号 090-2706-3927
営業時間 11:00~16:00 18:00~22:00
定休日
駐車場 なし



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

スポンサーサイト



病み上がりで亜喜英。ハリセン持ってアンドレに挑むようなものでしょうか。
ふら~と夜の一乗寺を歩いていたらやってるし、並んでないしで、靴紐結び直してマットの硬さ確認して、さあ、ロープに飛んだ!
カウンターの奥、メニューは一本、厨房は若いお兄さんで初対面、「らーめんや亜喜英」さん。
一乗寺元祖濃厚系です。

f27rajnrt4694.jpgf27rajnrt4696.jpg

「純濃厚らーめん 特製(850円)」

一目瞭然のドロリンチョは豚骨と鶏骨だけを長時間煮込んだ純濃厚スープです。
主役を張るのは鶏、支えに豚といった感じでしょうか。タレは控えめで動物の旨味をまんま詰め込んだ力強いスープに打ちのめされてくださいと言わんばかりです。
まあ、重いです(汗)
年齢的なものもあってボディブローに弱くなってきたようで、最近あちらこちらでタップしています。
毎晩腹筋3回で鋼の皮作ったるねん!

f27rajnrt4706.jpg

スープをまとう中太麺モチ。働き盛りのサラリーマンのように躍動する麺で、スープに負けていません。
ソテーされた厚切りチャーシューも旨いんですが、この一杯のもうひとつの主役といってもいいのが肉にんにく。
パンチを加えるだけでなく、全体の味を引き締めています。
行列必至・・・というよりも行列の向こうにあるラーメン、それが「亜喜英」さんのラーメンです。
何が何でも並ぶべし。


店名 らーめんや亜喜英
住所 京都市左京区一乗寺北大丸町5-2
電話番号 075-702-5611
営業時間 Twitterで要確認
定休日 不定休
駐車場 なし
WEB 純濃厚スープの店 あきひで
Twitter @eigyoakihide_2



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 



黒光りする一物にうっとり。
身も心も癒してくれる黒いヤツは京都人なら経験済み。見た目の荒々しさに反して、優しく体内に染みわたる、そんなエクスタシーを知ってしまえば、もう、オ・ト・ナです。
名店仕込みの腕と誇りを引っ提げて、一乗寺に燦然と「麺屋 龍玄」さん。
厨房内で焼飯を炒める店主さんの背中が硬派で惚れ惚れします。

j12mrcs2439.jpgj12mrcs2443.jpg

「中華そば チャーシュー丼セット(1050円)」

漆黒のスープ、土台を形成するはおそらく鶏と豚。ほのかな酸味を漂わせる醤油の色がインパクトを与えますが、お味はすっきりしており穏やかさを漂わす後口に、このお店の個性を感じます。
見た目で判断してはいけない黒いヤツ。こんなの初めて~と言わせてもらいましょう。

j12mrcs2457.jpgj12mrcs2445.jpg

歯切れの良い麺がスープをよく吸い上げてくれます。この感じはあの感じです。
デフォでチャーシュー、ネギ、もやしがドッサリ。モチのロンで情熱もトッピングされてます。
ヤキメシセットをいただきたかったのですが、そちらはお昼のみでした。単品で頼むとデカイかもと危惧してチャーシュー丼セットにしましたが、この一物もデカかったです。
たっぷりのチャーシューとモヤシが熱々に炒められ、食べているだけで身体が火照る、そんな一乗寺ナイト。
忘れられずもう一度と、扉を叩く日が来るのでしょう、フフフ。
ごちそうさま!


店名 麺屋 龍玄
住所 京都市左京区一乗寺宮ノ東町51-7
電話番号 075-744-0568
営業時間 11:30~21:00(L.O.20:40)
定休日 水曜
駐車場 なし
WEB 麺屋 龍玄 公式サイト
Twitter @menya_ryugen



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 



ビッグネーム来襲が噂される一乗寺に一足早く驚きひとつ、「濃厚らーめん 驚麺屋」さん、12月12日オープンです。
場所は「ななつぼし」跡地、向かいには寒い夜、保険屋からの電話を凍えそうになりながら受けるに最適な公園があります。20分ほどでしたが死ぬかと思いました。さすがにこの年齢になるとがん保険は高いです。
厨房側と壁側にカウンター、奥にテーブル席もあるの・・・かな。
券売機でなく口頭で注文。バイトは2名。惚れてないと思いますが、聞きたくなるぐらいスマイル抜群です。

1223rkmyknt2057.jpg1223rkmyknt2058.jpg

「驚濃とんこつ(750円)」

通常の3倍の豚骨量を誇る濃厚スープ。濃度、粘度ともに高く、幾分のざらつきも含めてパワフルな食感。
口コミでも幾多の濃厚豚骨の名店が比較対象になるほどの出来映えですが、私的には旨味の抽出具合にもう一押し力強さがほしいと思いました。
おそらく意図的に控えられたであろうタレ、そのあたりを考慮すればブヒれる下地は十分だと思われます。

1223rkmyknt2072.jpg

中太のちぢれ麺。もっちり食感ながら重さを感じさせず、サラッと食えるタイプ。どこかでお会いした系かも。
具材はチャーシュー、メンマ、ネギ。
麺の硬さ、ネギ、背脂の量は注文可。呪文が通じるかは分かりませんが、勇気のある方はお試しあ~れ~。
京の街中でここまでの豚骨ドロリンチョは珍しいような気がしますので、今後の化け具合が物凄く楽しみです。
ごちそうさま!


店名 濃厚らーめん 驚麺屋
住所 京都市左京区一乗寺赤ノ宮町15-4
電話番号 075-744-0808
営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00
定休日 火曜
駐車場 なし
facebook 濃厚らーめん 驚麺屋
Twitter @kyoumenya



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ



派手さはありませんが我が道を行くスタンスが好きです、塩の名店「麺や向日葵」さん。
今夏の「冷やし辛味噌」を逃してしまったのが悔やんでも悔やみきれないところ、フラ~と今出川通を歩いていたら「辛味噌」の文字が!
聞けばこの日からとのこと、5年ぶりとのこと、サラッと言われます、ヘヘヘと笑って。
このスタンスが好きです。

「特製辛味噌らーめん(800円)」

ベースはレギュラー同様の動物+魚介でしょうか。合わせられる味噌は適度な塩分、まろやかなコクを感じさせるもので、重くなく軽やかな口当たり。豆板醤を効かしたサラッと通り抜ける辛味も粋です。
水菜、白髪ネギ、焦がしネギの野菜類が辛味を緩和させるような役割を果たしており、何気にムムム。
いつ頃からかコシの強さを備え出した中細麺も相性良く。
すっかり塩の口で赴いたのですが、思わぬ一杯が食べられて満足納得です。
黄色いテントに偽りナッシングです。
ごちそうさま!

1027mhtkmr9271.jpg1027mhtkmr9267.jpg


店名 麺や 向日葵
住所 京都府京都市左京区浄土寺西田町100-28
電話番号 075-752-3060
営業時間 11:30~14:30 18:00~23:00
定休日 水曜日
駐車場 なし



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

お店のサイト

あいつのラーメン かたぐるま
いっちゃんラーメン
俺のラーメン あっぱれ屋
頑固麺
祇園麺処むらじ
キラメキノトリ
京都千丸しゃかりき
吟醸らーめん久保田
極太清流らーめん
拳ラーメン
拳10ラーメン
下鴨 塩見家とんとん
セアブラノ神
本家第一旭 たかばし本店
高安
地球規模で考えろ
珍遊
珍龍軒
つけ麺マン
天骨庵 慶心 庵主録
天天有ひるまや
豆乳らーめん専門店「豆禅」
中華そば 東龍
麦笑 豚人
まる担 おがわ
麺喰亭
麺工房 華楊
麺処 雁木
麺屋 極鶏
麺屋シマフクロウ
麺屋ソミーズ
麺屋 中野
夢を語れ
ラーメンたっちゃん
ラーメン たぬき屋
らーめん 鶴武者
らーめん のん

Kitchen OMUHICO
豚骨やたい 九州雄
二天一流
バリバリジョニー
幻の中華そば加藤屋
幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章
まるきや翔華
麺屋げんた
麺屋 號tetu
麺屋ジョニー
麺屋 白頭鷲
麺屋風火 大津青山店
麺や 結
ラーメンいっこく
らーめんチキン野郎
ラーメン桃李路
ラーメンにっこう
らーめん みふく

あす流
一日一麺LAB⁺
かしや
カドヤ食堂
極麺 青二犀
KUCHE
彩色ラーメン きんせい
三麺流 武者麺
中華そば ふじい
中華そば 〇丈 maruJOE 
中華そば 無限
鶏soba 座銀
フスマにかけろ 中崎壱丁
みつか坊主
麺と心7/JUNK STORY
麺屋 彩々
麺や拓 エビス店
麺屋のりお
麺屋7.5Hz
らーめん香澄
らーめんstyole JUNK STORY
らーめん大斗
龍旗信

彩華ラーメン
麺処 と市
屋台ちかみちらーめん
らーめん春友流
らーめん文福
ラーメン家 みつ葉

大かわ
しぇからしか
必死のパッチ製麺所
房's
ラーメンたんろん

麺ダイニング月乃家

あすの澪
開花屋楽麺荘
鉢ノ葦葉
menkou ともや
麺や 暁
麺屋 すみか
有機栽培野菜のらーめん すみれ
らーめん門蔵

空庵
つけめん舎 一輝
麺の坊 晴レル屋
麺座 かたぶつ
麺屋 桜
麺屋 はなび
山之手 虎玄
らぁ麺 飛鶏
らぁめん こはく

一兆家
鳥そば 真屋
麺屋 三十六房

しゅんしゅんめん
牟岐縄屋
麺屋 勝木
横浜家系らーめん英
ラーメン 多弐家

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

麺屋直送便
無料イラスト素材 イラストバンク