>
 

ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

京都在住湖国寄り、八朔が「明日なき暴食」を理念にラーメンを食べ歩きます。

 
プロフィール

hassakuman

Author:hassakuman

カテゴリ

京都府 (733)
京都市北区 (22)
京都市左京区 (122)
京都市上京区 (55)
京都市中京区 (92)
京都市下京区 (86)
京都市右京区 (45)
京都市西京区 (5)
京都市東山区 (10)
京都市山科区 (127)
京都市伏見区 (67)
京都市南区 (16)
宇治市 (20)
京田辺市 (5)
八幡市 (11)
城陽市 (16)
木津川市 (4)
向日市 (3)
長岡京市 (1)
与謝郡 (3)
舞鶴市 (1)
福知山市 (7)
綾部市 (2)
南丹市 (2)
亀岡市 (3)
久世郡 (8)
滋賀県 (493)
高島市 (1)
長浜市 (39)
彦根市 (53)
愛知郡 (3)
東近江市 (6)
近江八幡市 (16)
犬上郡 (2)
甲賀市 (9)
湖南市 (16)
蒲生郡 (8)
野洲市 (4)
守山市 (51)
栗東市 (4)
草津市 (48)
大津市 (233)
大阪府 (362)
大阪市淀川区 (11)
大阪市東淀川区 (5)
大阪市西淀川区 (7)
大阪市福島区 (13)
大阪市港区 (1)
大阪市北区 (19)
大阪市都島区 (4)
大阪市鶴見区 (8)
大阪市城東区 (3)
大阪市生野区 (2)
大阪市中央区 (26)
大阪市浪速区 (5)
大阪市西区 (5)
大阪市東成区 (4)
大阪市西成区 (4)
大阪市天王寺区 (1)
大阪市阿倍野区 (9)
大阪市住吉区 (4)
大阪市東住吉区 (1)
高槻市 (55)
茨木市 (8)
豊中市 (34)
箕面市 (3)
池田市 (4)
摂津市 (2)
吹田市 (11)
寝屋川市 (8)
枚方市 (23)
交野市 (7)
門真市 (10)
守口市 (10)
大東市 (9)
東大阪市 (10)
八尾市 (5)
藤井寺市 (1)
柏原市 (1)
堺市 (12)
岸和田市 (1)
高石市 (1)
大阪狭山市 (4)
羽曳野市 (2)
河内長野市 (1)
泉大津市 (2)
和泉市 (1)
泉佐野市 (3)
阪南市 (1)
泉南郡 (1)
兵庫県 (119)
奈良県 (95)
和歌山県 (37)
三重県 (50)
愛知県 (70)
岐阜県 (26)
静岡県 (3)
福井県 (35)
石川県 (14)
新潟県 (10)
鳥取県 (3)
島根県 (2)
東京都 (2)
北海道 (3)
うどん (10)
その他 (92)
未分類 (6)
滋賀ラーメン元気党 (3)

月別アーカイブ
八朔のつぶやき

検索フォーム

最新コメント
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
QRコード

QR

にほんブログ村



1月末、大津赤十字病院前の交差点角にオープンした「ラーメンダイニング 耀」さん。
麺屋系でもラーメン系でもなくオッサーレダイニング系で、撮影者の寝癖が写り込まぬよう看板を斜めから撮ると「東横イン」のネオンが入るという豆知識をまず置いときます。

820rdhtsnsr99783.jpg820rdhtsnsr100186.jpg

カウンターとテーブル席。カウンターは高めですが、私の座高でも問題ありませんでした。
お店は親子で営まれており、基本的に調理は息子さん。幾多の名店で経験を積まれたとのことで、湖国のウルサ方ならどこかでお会いしているはずかと。
ちなみに私、おぅ~とは言いましたが初対面でした。

820rdhtsnsr99782a.jpg

「鶏塩ラーメン(750円)」

澄んだスープから見てわかるように、滋賀でここまではと思わせるほどの淡麗スープ。柔らかな出汁感はなるほど丸鶏らしさを感じますが、欲を言えばもう少し肉から抽出される甘味や旨味が加わっていれば・・・とラヲタにクソの付くような感想をいきなり述べてしまいます。
塩ダレも角を立たせず、まろやかな味わい。
ブラックペッパーが味を引き締めていますが、やや味が弾けたものになってしまいますので、この有無は好みが分かれるかもです。
具材は豚バラ、穂先メンマ、味玉、白髪葱、豆苗。SNSに上がる画像を見ていると日毎変えられているようですので、あくまでもご参考までに。
ムムム、やるな、息子。

820rdhtsnsr100184_20180219035630d4b.jpg

「煮干塩ラーメン(700円)」

淡い煮干しがじんわり染みる一杯。上品で繊細な煮干しに軽やかな塩ダレはラーメンスープのそれではなく、なんだろう、うん、わからんな。
後半、ふくよかさが増すのは縁の下効果である鶏の支えあってこそ。
上手く説明できないので禁断の手を使いますが、大和八木高田市で味わった鶏感同様で、未訪ですが吉野なんかもそうなんだろうなと何故か奈良南部に思いを馳せたり。
表面を焼いて少し燻した感じの鶏肉につくね、メンマはコリッと短め、アオサはマスキングせぬよう控えめな風味。
おおお、息子よ、面白い。

820rdhtsnsr100178.jpg820rdhtsnsr100182.jpg

多加水の中細麺。食感はプリッというよりムチッでええ感じです。
スープの持ち上げが弱いのが気にかかるところですが、香味油を多用して絡めるのは、このお店の方向性とは異なるでしょうし、今後どのようにブラッシュアップさせていくのか楽しみでもあります。
ラーメンには〆に一口サイズの御飯が付きます。
ホッとひと息つける一品として、このサービスはありがたいですね。

野菜ソムリエの資格をお持ちのママさん考案の糖質制限カロリーOFFの「麺なし野菜ヌードル」が気になります。
再訪時はそちら狙いでしたが売切れでありつけず。
今後の展開等もお話いただき、ますます目が離せない「耀」さん。
人気店がひしめく大津市内で異彩を放つお店として光り輝きそうな予感ヒシヒシ。お洒落で健康志向とくれば、女性にも人気が出そうですね。
ごちそうさま!
また行きます!


店名 ラーメンダイニング 耀
住所 滋賀県大津市札の辻4-16 シブヤビル1F
電話番号 077-527-7272
営業時間 11:30~15:00 17:00~21:00 (L.O.昼夜30分前)
定休日 土曜日
駐車場 なし



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト



現店舗を2月下旬から3月上旬頃に一旦閉店し、その後、JR大津駅前へ移転される「らーめん みふく」さん。
同じ大津市内の駅前ですが、京阪からJRへ駅も変わるだけに、変更事項も多々あるようです。
メニュー構成や価格、営業時間も気になるところですが、みふくフリークにとってはスポ子の去就も重要です。
撮ったでしょ、アナタも。

815rmyar97295.jpg815rmyar97296.jpg

「焼きアゴ醤油ラーメン(850円) ※毎月20日~限定

これまでスペシャル限定として提供されてきたこの一杯が新店舗ではレギュラー入りするそうで、バチバチに気合いも入っています。
香ばしい焼きアゴとコク深い醤油が前面に立つ個性的なスープで、以前にいただいたときよりも輪郭がはっきりとし、より旨さが伝わる仕様になっています。
メリハリのある前半から余韻を残す後半への味わいの変化・・・というより流れがスバラ!

815rmyar97292.jpg

意表を突く中太縮れ麺モチプリ。スープとのマッチングより麺をも際立たせた仕様で、これはこれで面白い選択だと思います。
飽きのこないレギュラーでの庶民的なスタイル、時にどえらい限定から窺い知れる前衛的なスタンス、その魅力でいつしか滋賀では欠かすことのできないお店となった「らーめん みふく」さん。
新店舗でも思い切り楽しませてくれそうです。
ごちそうさま!


店名 らーめん みふく (新店舗)
住所 滋賀県大津市御幸町4-30 田中市コーポ1F
電話番号
営業時間 11:30~14:00 18:00~23:00 ~22:00(日祝)
定休日 日曜
駐車場
facebook らーめん みふく



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ



2017年12月28日をもって閉店した俺たちの「らーめん与七 膳所店」。
涙とヨダレで濡らした枕を乾かしてくれるのは時間でも乾燥機でもなく・・・そう、それは豚骨ブヒでしかないのです。
膳所の思い出を胸に湖西をひた走ること暫し、「らーめん与七 堅田店」さんでちょっとセンチにイキたいところですが、これは膳所店閉店前の一杯でした、失礼。

「とんこつらーめん(750円)」+半熟味玉(100円)

コラーゲン質豊富な濃厚豚骨ドロリンチョテロリンチョ。
タレ抑えめで出汁でイク系と認識していた堅田店でしたが、この日はタレもバンと合わせられており、より味の輪郭がはっきりとしたもので、土台の厚みもあって力強さ満点。
膳所で落とした涙も乾いて燃え上がるぐらいの豚骨感でした・・・って、そうか閉店前だっちゅーの。
一人でも多くの人に味わっていただきたい「俺たち」の豚骨。「らーめん与七」さんは現在、堅田と南草津で絶賛豚骨中です!
ごちそうさま!

829ryktr96911.jpg829ryktr96912.jpg


店名 らーめん与七 堅田店
住所 滋賀県大津市今堅田2丁目40-25
電話番号 077-574-4747
営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00
定休日 火曜日
駐車場 あり
WEB らーめん与七 スタッフブログ
Twitter @0KiSe8vqsJ0oYf0
Twitter @yoshichi4715



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 



2017年6月にオープンした「盛得らーめん湖南店」さん。
近辺でラーメン店を検索していたらヒットしてビックリ。野洲川北側のバイパスが国道1号線になっており2度ビックリ。こまきち亭とか三雲にぼ次朗があった道路は県道になっています。
「盛得らーめん湖南店」さんはバイパスが出来る前によく利用した道、わかりやすく言うと「南櫻」のあった道をずっと東へ行ったところです。
メニューが豊富です。ラーメン、焼肉、焼鳥と、どっからでもかかってこんかいです。

86mtrmtr96985.jpg86mtrmtr96952.jpg

「盛得ラーメン(750円)」

ライト豚骨に胡麻味噌を加え、まろやかなコクを伝える一杯。全体的には濃い味付けで、旨味が強すぎる気もしましたが、強キャラのオチャーン店主らしいイケイケのラーメンです。
セルフのライス、キムチが食べ放題。これは魅力ですね。
店主さんは25年前から滋賀でラーメン、居酒屋等を営まれてきた方で、現在も結構な数のお店を経営されています。
私が御本人に直接「まあまあ」と伝えた「日向」もこちらのお店で爆。
「現在がいちばん厳しい」というセンチな言葉をいただきましたが、爆裂トークと持ち前の剛キャラで時代を突き抜けてほしいと思います。
「滋賀ラーメンWAVE スタンプラリー」に参加するだろうと予測していましたが不参加でした。残念!
ガムバッテ!

86mtrmtr96958.jpg86mtrmtr96960.jpg


店名 盛得らーめん湖南店
住所 滋賀県湖南市正福寺10-11
電話番号
営業時間 11:30~14:00 17:30~22:00
定休日
駐車場 あり



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 



思えば3年前、彦根店で試作の清湯醤油をいただき、透き通った淡麗スープから伝えられる真摯な姿勢に納得させられた記憶があります。
そう、それは満足や感激ではなく納得だったのです。
そのとき私の琴線に触れた想いは、とてつもなく人間臭く、目の前のスープと対話できるぐらい惹きつけられたものです。
時を経て、想いは姿形を変えて一杯のラーメンに。
屋号とメニューをあらため、生まれ変わった「近江熟成醤油 十二分屋 草津本店」さん。
蘇生ではなく誕生と表現したい次第です。

ry13jnbyam92314a.jpg

「十二分屋そば(680円)」

ハマグリを主体としたふくよかなKOHAKUスープを、鮮烈に香る醤油が包み込む斬新な一杯どんぴしゃ。
醤油のキレと、それを立たせて活かす手腕に脱ヅラです。
懐かしさと新しさが同居した華やかな味わいに引き込まれ、ちょっと興奮してしまいました。

ry13jnbyam96111a.jpg

「味玉KOHAKUブラック(850円)」

滋賀県産濃口醤油を中心に組み立てられたコチラ。醤油のコクと旨味を存分に引き出し、醤油ラーメンの可能性を広げたかのような進化系。
口当たりはスッキリしており、幅広い層に受け入れられる一杯といえます。

メニュー表トップから2種をいただいて感じたのは、軽やかな土台の上で醤油と香味油をバラつくことなくビシッと合わせ、わかりやすさと親しみやすさを上手く伝えているということでした。
「お客さんが見えている店」と言った同行者に、「お前何者やねん!」と突っ込みかけましたがプロなので止めときました。
絶えず訪れる来客は若者からオチャーンまで。
お店の理想とお客さんのニーズが交差する場所、それが現在の「十二分屋」さんなのでしょう。

ry13jnbyam98896a.jpg

「シェル・トン・ビーフ(750円)」 ※1月限定

しかし、えらくマニアックなのもあったり。
こちらもKOHAKUをベースにしながらも、芳醇な牛の風味が鉢から溢れんばかりに漂う悩殺系。
牛脂の甘味がスープに柔らかさを付与し、力強く食べやすくを実践したメニューといえます。
スープ温度が高めに設定されており、後半までフレッシュな風味を味わうことができます。

麺について書き忘れましたが、「KOHAKUブラック」の艶やかな中太麺など、ちょいとお目にかかれないような秀逸なもの。
スープとの相性もバツにグンでしたが、現在は変更されているかもです。
店舗内に魅惑の個室が設置されていましたので・・・秘秘秘。

ry13jnbyam96103.jpgry13jnbyam98876.jpg

2018年1月現在のメニューです。
つけめん、サイドもあります。音楽はミスチルです。私は「旅人」と「独り言」が好きです。
能登川店が8号線沿い愛知川に移転、瀬田店も近日中に膳所に移転とジワジワ来てます。
2018年は私にとっての十二分屋元年になりそうです。
ごちそうさま!


店名 近江熟成醤油 十二分屋 草津本店
住所 滋賀県草津市追分南4丁目5-7
電話番号 077-598-1100
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
駐車場 あり
ブログ 「十二分屋」ミナギルパワーで絶賛営業中‼︎
Twitter @owarinaki_men



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 人気ブログランキングへ 

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

お店のサイト

あいつのラーメン かたぐるま
いっちゃんラーメン
俺のラーメン あっぱれ屋
頑固麺
祇園麺処むらじ
キラメキノトリ
京都千丸しゃかりき
吟醸らーめん久保田
極太清流らーめん
拳ラーメン
拳10ラーメン
下鴨 塩見家とんとん
セアブラノ神
本家第一旭 たかばし本店
高安
地球規模で考えろ
珍遊
珍龍軒
つけ麺マン
天骨庵 慶心 庵主録
天天有ひるまや
豆乳らーめん専門店「豆禅」
中華そば 東龍
麦笑 豚人
まる担 おがわ
麺喰亭
麺工房 華楊
麺処 雁木
麺屋 極鶏
麺屋シマフクロウ
麺屋ソミーズ
麺屋 中野
夢を語れ
ラーメンたっちゃん
ラーメン たぬき屋
らーめん 鶴武者
らーめん のん

Kitchen OMUHICO
二天一流
博多とんこつ 真咲雄
バリバリジョニー
幻の中華そば加藤屋
幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章
まるきや翔華
麺屋げんた
麺屋 號tetu
麺屋ジョニー
麺屋 白頭鷲
麺屋風火 大津青山店
麺や 結
ラーメンいっこく
らーめんチキン野郎
ラーメン桃李路
ラーメンにっこう
らーめん みふく

あす流
一日一麺LAB⁺
かしや
カドヤ食堂
極麺 青二犀
KUCHE
彩色ラーメン きんせい
三麺流 武者麺
中華そば ふじい
中華そば 〇丈 maruJOE 
中華そば 無限
鶏soba 座銀
フスマにかけろ 中崎壱丁
みつか坊主
麺と心7/JUNK STORY
麺屋 彩々
麺や拓 エビス店
麺屋のりお
麺屋7.5Hz
らーめん香澄
らーめんstyole JUNK STORY
らーめん大斗
龍旗信

彩華ラーメン
麺処 と市
屋台ちかみちらーめん
らーめん春友流
らーめん文福
ラーメン家 みつ葉

大かわ
しぇからしか
必死のパッチ製麺所
房's
ラーメンたんろん

麺ダイニング月乃家

あすの澪
開花屋楽麺荘
鉢ノ葦葉
menkou ともや
麺や 暁
麺屋 すみか
有機栽培野菜のらーめん すみれ
らーめん門蔵

空庵
つけめん舎 一輝
つけ麺 丸和
麺の坊 晴レル屋
麺座 かたぶつ
麺屋 桜
麺屋 はなび
山之手 虎玄
らぁ麺 飛鶏
らぁめん こはく

一兆家
鳥そば 真屋
麺屋 三十六房

しゅんしゅんめん
牟岐縄屋
麺屋 勝木
横浜家系らーめん英
ラーメン 多弐家

Soul Noodles the R&R
天日地鶏

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

麺屋直送便
無料イラスト素材 イラストバンク