>
 

ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して

京都在住湖国寄り、八朔が「明日なき暴食」を理念にラーメンを食べ歩きます。

 
プロフィール

hassakuman

Author:hassakuman

カテゴリ

京都府 (699)
京都市北区 (19)
京都市左京区 (118)
京都市上京区 (54)
京都市中京区 (87)
京都市下京区 (82)
京都市右京区 (42)
京都市西京区 (5)
京都市東山区 (10)
京都市山科区 (123)
京都市伏見区 (66)
京都市南区 (14)
宇治市 (19)
京田辺市 (5)
八幡市 (10)
城陽市 (15)
木津川市 (4)
向日市 (2)
長岡京市 (1)
与謝郡 (2)
舞鶴市 (1)
福知山市 (6)
綾部市 (2)
南丹市 (2)
亀岡市 (3)
久世郡 (7)
滋賀県 (466)
高島市 (1)
長浜市 (37)
彦根市 (52)
愛知郡 (2)
東近江市 (5)
近江八幡市 (16)
犬上郡 (2)
甲賀市 (7)
湖南市 (13)
蒲生郡 (7)
野洲市 (4)
守山市 (50)
栗東市 (4)
草津市 (44)
大津市 (222)
大阪府 (343)
大阪市淀川区 (11)
大阪市東淀川区 (4)
大阪市西淀川区 (7)
大阪市福島区 (13)
大阪市港区 (1)
大阪市北区 (18)
大阪市都島区 (4)
大阪市鶴見区 (7)
大阪市城東区 (3)
大阪市生野区 (2)
大阪市中央区 (25)
大阪市浪速区 (5)
大阪市西区 (5)
大阪市東成区 (4)
大阪市西成区 (4)
大阪市天王寺区 (1)
大阪市阿倍野区 (9)
大阪市住吉区 (4)
大阪市東住吉区 (1)
高槻市 (54)
茨木市 (8)
豊中市 (34)
箕面市 (3)
池田市 (4)
摂津市 (2)
吹田市 (11)
寝屋川市 (7)
枚方市 (17)
交野市 (6)
門真市 (9)
守口市 (10)
大東市 (9)
東大阪市 (9)
八尾市 (5)
藤井寺市 (1)
柏原市 (1)
堺市 (11)
岸和田市 (1)
高石市 (1)
大阪狭山市 (4)
羽曳野市 (1)
河内長野市 (1)
泉大津市 (2)
和泉市 (1)
泉佐野市 (2)
泉南郡 (1)
兵庫県 (113)
奈良県 (87)
三重県 (45)
和歌山県 (35)
福井県 (28)
愛知県 (46)
岐阜県 (20)
石川県 (9)
新潟県 (10)
東京都 (2)
北海道 (3)
うどん (10)
その他 (88)
未分類 (6)
滋賀ラーメン元気党 (3)

月別アーカイブ
八朔のつぶやき

検索フォーム

最新コメント
RSSリンクの表示
全記事表示リンク
QRコード

QR

にほんブログ村



「らの道 弐」も本日3月31日が最終日。
各地で猛者がラストスパートしていることでしょうね。
ゴールを目指して猪突猛進もいいけれど、後ろから何かやって来るかもしれませんので気を付けてください(汗)
2周目7軒目は「ラーメン人生JET」さん。
こちらを訪れるときは毎回夜遅く、未だに数量限定メニューが未食。
この日もすべて売切れでした。
しかしモーマンタイ。伊達に鶏バカと自称していませんぜよ。

rjjtcm01484.jpg rjjtcm01485.jpg

「鶏煮込みつけ麺(830円)」+チャーシュー増し(+200円)
言わずと知れた王道魚介鶏白湯。押し寄せる凝縮された鶏の旨味は、目を閉じていただいてもJETさんだと分かるんじゃないかというぐらいに特徴あるもの。
控えめなタレや、味わいをライトに演出する節系の効かせ方が、つけ汁全体のバランスを綺麗にまとめています。

rjjtcm01487.jpg

平打ちのストレート太麺は、思わず凝視してしまうほどの艶やかさを備えたエロティックなもの。
箸で持ち上げるのが困難なぐらいツルツルで、その印象はエロというより卑猥という表現が適しているように思えます。
弾力もよく、つけ麺の麺としては個人的に好きなタイプです。
ただ、もう少しつけ汁との絡みが良ければとも思いますが・・・。
チャーシューは薄味のロース肉。肉質が良く、こちらはつけ汁との相性も感心させられるぐらいイイんですよね。
大きめのネギのシャキッとした歯ごたえと、つけ汁に残す瑞々しい風味が、やや単調に陥る後半の印象を見事にリカバリーしていました。
やはり鶏白湯といえば、こちら。
次々と新鋭が登場しますが、まだまだ牙城は揺るぎそうもありませんね。
いずれ清湯も食うぞ!

★★★★

店名 ラーメン人生JET
住所 大阪府大阪市福島区福島7-12-2
電話番号 06-6345-7855
営業時間 11:00~15:00、18:00~23:30
定休日 年中無休
駐車場 なし
Twitterアカウント @jetjpn



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

スポンサーサイト



おはよう、オールザピープル。
2013年3月29日をもって、大津駅前の愛すべき暴走変態職人のお店、「麺屋レノン」さんが一時閉店されることになりました。
5月に「ラーメンひばり」としてのリニューアルオープンが決定していますが、親しみ慣れた屋号が変更されることに一抹の寂しさを感じるのが正直な感想です。
オープン当初からなんだかんだと言われ、結局最後までなんだかんだと言われまくった「麺屋レノン」さん。
個人的にも多くのものをこのお店から与えてもらいました。
遠征先などで初対面の方が私に「滋賀県のブロガーさんですよね?」と仰られるのも、「麺屋レノン」さんの存在が当ブログで大きな役割を占めていたからでしょう。
言い換えれば八朔は「麺屋レノン」さんに育てられたようなものです。
感謝とさらなる飛躍の意を込めて、今回は「麺屋レノンスペシャル」をサラッと、しれ~っとお届けします。

DSC01457.jpg

「まろやか(700円)」
麺屋レノン=まろやかと言っても過言ではない看板メニュー。当初はしょうゆ、塩の2種類がありましたが、晩年は塩ダレだけを残しメニュー名も統一されました。
動物系のまろやかな旨味と甘味を押し出したタレのバランスが絶妙で、もっとも中毒性のあるスープでした。
後期はタレを色々工夫されていたようで、食べる度に違った驚きがありました。
個人的にもよくいただいたメニューで、稀に神降臨場面に遭遇したものです。
画像のトッピングは突発的に登場する鶏チャーシュー追加時のもの。
これがあるときはもちろん「言わせてください、肉増しで」。
そしてやっぱり、美ン味ェ~~~ッ(゜д゜)!!

DSC01572.jpg

「まろやか魚介(700円)」
オープン当初にはなかったメニューで、まろやかを魚介で割ったもの。
タレがどぎつくなった時期、さっぱりとした口当たりのこのメニューがトータルバランスとして、もっとも優れていると思えた時期もありました。
濃度云々というのもありますが、それは美味いの前提で愛して生きているからさ、ハイ。

DSC01288.jpg

「煮干し(700円)」
チソタソフリーク御用達のスペシャルな一杯デソねん。
麺屋レノンの魅力は清湯にありと思わせた、こちらも代名詞と呼べるメニュー。
もっとも熟考され、もっともドヤ顔をいただいた一杯であったように思えます。
豚出汁から鶏が加えられ、煮干しも種類が増えていきました。
個人的には2012年冬に限定で出された「煮干ししょうゆ」が分岐点となり、清湯革命へとSWITCHしていった印象があります。
若い頃には絶対に分からなかったであろう深い出汁感。
キレた時期、丸くなった時期、色々ありましたが、この味わいをアラサー店主が作られたことが驚きでした。
朝早くから頑張られましたね。

DSC01610.jpg

「汁なし担々麺(750円)」
最終日にいただいた一杯。
売り切れ閉店が恐かったので珍しくお昼に隣町からライドオ~ン!
この日、ポールはさすがのramen-zombieさん。遅れて私も乳店。ていいん(何故か変換出来ない:お約束)さんに挨拶しようと思ったら、久しぶりの女将さんでこれまた嬉しいこと。思わず最初からライスをちう悶してしまいました。
店主さんがもうひとつの売りをと考案されたシビカラの一杯。
こちらも登場当時とは大きく異なり、病み付きになる辛さの中にまろやかさ、喉越しの良さを備えたおもしろいものに変化していました。

DSC01573.jpg

「豚ご飯(+250円)」
セットものでは唐揚げと並んで人気メニューだったこちら。
甘辛なタレが白いご飯にあっており、時に辛いめヴァージョンなどを作っていただいたこともありました。
小物がプルプル震え、やんちゃくれが眼を飛ばしたのも、この最高の丼の中の旨さにではなかったでしょうか。

DSC01568.jpg DSC01283.jpg

そんなこんなでよくわからんレポで終わってしまいます「麺屋レノン」さんの最終記事。
ラーメン店主に必要なのは鉄人のごとく強い精神力か、麺Lifeと言える覚悟か。それともいやはや金八並みの信じる心でしょうか。
まあ、私くらいになりますと、こうやってオチャラケて締めてしまおうと考えるわけです。
ふざけた記事になりましたが怨みっこなしだぜ、高熱出ても。
5月の風が半径3m以内にそよぐ頃、大津駅前「ラーメンひばり」さんが誕生します。
愛と憎悪を越えた麺屋レノンへの熱き想いと同様のご贔屓を、新店にも爽やかによろしく哀愁でございます。

麺屋レノンさん。
美味しいラーメンをありがとうございました。
「ラーメンひばり」としての新たな一歩を心待ちにしております。
しかし、この記事、湖国のラヲタ以外に理解されるのかしらん。
そんな私は京都人。
2013年のラストワルツ、最後の叫びは「I Shall Be Released!!」だったのかな(笑)


店名 麺屋レノン
住所 滋賀県大津市梅林1丁目3-25
電話番号 077-522-3500
営業時間 11:30~14:00・18:00~20:30 (売り切れ次第終了)
定休日 火曜日 第3月曜日
駐車場 なし(近くの公営駐車場30分無料です)



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



この冬も数々の味噌ラーメンをいただきましたが、桜の蕾も開き始めた3月28日(みつ葉の日)、いよいよ真打ちの登場。
「ラーメン家 みつ葉」さんです。
昨年、度肝を抜かれたみつ葉さんの味噌。1年前と同じように降りしきる雨の中、お店に到着すると長蛇の列!
食べる前から度肝を抜かれてしまいました(汗)
到着したのが10時40分、すでに開店しており、私がおそらく40番目ぐらい。
この日は警備員さんも出動で行列対策は万全でした。
ちなみに警備員さんがお店に来た時点で10数人並ばれていたとのこと。
来年はどうなるんでしょう?

mtcms01598.jpg mtcms01595.jpg

「豚CHIKIみそチャーシューメン(1050円)」
当日はつけ麺も10食用意されていましたが幻同然。夜の部にはまぜそばが提供されたようですね。
みつ葉さんスタイルの泡立った鶏豚骨のまろやかなスープをベースに、9種類の味噌がブレンドされたタレが合わされたもの。
口当たりの滑らかさと穏やかな旨味の伝達は、もはや安定、そして安心。
富雄に赴けば来るもの拒まずで待っていてくれる安息の地のような優しく大きなスープです。
強く主張させているわけではない味噌ですが、そのコクと旨味はきっちり印象に残るという魔法のような味わい。
優等生にあえて背伸びさせたような感じ・・・って通じるでしょうか。そのままでも十分なのに、えっ、もっとやるの?みたいな。
それでいて損なわれることのない絶妙のバランス感、昇りつめるような後味、と。
この比類なき味噌スープに昨年度肝を抜かれ、今年も同じように深く感動させていただきました。

mtcms01604.jpg mtcms01607.jpg

トッピングはレアチャーシュー、メンマ、味玉、水菜、糸唐辛子。
心地良く香り立つメンマの生姜の風味と、振られた少量の一味によるピリ辛感がさらにスープを彩っていましたね。
麺は自家製の中太ちぢれ麺。
いつもの麺より遥かに弾力に優れ、味噌という個性豊かなスープを真正面から受け止めるお見事な麺でした。

雨の中、待つこと2時間強。
食べ終えたときには膝の痛みも、靴下の湿りも忘れてしまい、ただただ感動してしまった今年のみつ葉の日。
この感動を忘れないように来年のみつ葉の日まで365日と2時間、ひたすら夢を見続けたいと思います。
この年齢になって、こんなにも純真な夢を見られるなんて思いもしませんでしたよ(笑)
ごちそうさま!

★★★★★

店名 ラーメン家 みつ葉
住所 奈良県奈良市富雄元町3丁目3-15-1
電話番号 0742-51-0328
営業時間 (月水)11:00~14:30、17:30~20:30
       (火木金土)11:00~14:30
定休日 日祝
駐車場 なし
ブログ みつ葉のブログ
facebook ラーメン家 みつ葉 facebook
Twitterアカウント @3mi2tsu8ba



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



「中村商店 高槻本店」さん。
1周年おめでとうございます!
私のラーメン食べ歩きの原点でもある「彩色ラーメン きんせい」さん。
創始者中村社長が新たな試みとして、高槻駅前にお店を構えられて1年となりました。
レギュラーの質の高さは当然ながら、目ん玉飛び出るほどの衝撃的な限定も提供していただけるグレイトなお店です。
この日も私は坊主頭ながら髪の毛逆立ち、自らの残されたエネルギーに驚かされたぐらいです。
いやいやいやいや。

nshmsr01585.jpg nshmsr01586.jpg

「無添加醤油らーめん(800円)」
事前に詳細が伝えられていました。「添加物を一切使用しないラーメンでインパクトありません」と。
しかし・・・全然違うやん!
インパクトめちゃあり、ババあり、モハメド・・・ありゃ?
一口スープ飲んだ瞬間に、その旨さに衝撃どころか、鼻水も止まり、ケツの割れ目に汗が流れ、足の指の間が痒くなってしまいました。
青森軍鶏ロックをベースに煮干し、節、昆布等の魚介が合わされたWスープ。
鶏と魚介の旨味がギッシリと詰まった豪華な味わいで、素材ひとつひとつの出汁感が明確に伝わる強烈なものです。
特に奥深くまで染み入る魚介の中に、現れたかと思うとスーっと抜けるように引いてゆくゲソの風味は絶妙でした。
これは凄みのある旨さでした。

nshmsr01590.jpg nshmsr01592.jpg

手もみの平打ち麺。この麺をいただくのは初めてです。
モチっとした食感で、絡みも良いものです。
旨味あふれるスープに対して、強さではなく大きな存在感でバランスを考えながら合わせられたという印象を受けました。
トッピングで印象に残ったのはチャーシュー。バラ、ヒレ、ほぐしと3種の異なったものが入っていましたが、ヒレの柔らかでジューシーな肉質が秀逸でした。

「賄い牛丼(400円)」
熊本黒毛和牛のハラミ部分が使用された贅沢なご飯。
肉の旨味を引き出すような丁寧な味付け。ご飯部分にもう少しタレが欲しいなと思いましたが、これも笑顔がこぼれるぐらい旨いものでした。

鉢に書かれた「ラーメンで笑顔に」。
その言葉どおり、お店を出る瞬間の満足感、充実感は言葉では言い尽くせないものがあります。
そんなときニコッと微笑んで想いを伝えればいいんでしょうか。
中村社長に向けてオサーンがニッコリ、そんな私に社長もニッコリ。
キショ!
いやいやいやいや。
この日去来した想いの中に、日々の暮らしにありそうでなかったものを再発見したような気がしました。
残されたエネルギーとかじゃなくてね(汗)

★★★★★

店名 中村商店 高槻本店
住所 大阪府高槻市上田辺町4-14
電話番号 072-685-1308
営業時間 11:30~14:30、17:30~22:00
定休日 月曜
駐車場 なし
WEB 彩色ラーメン きんせい HP 
ブログ きんせい最新情報&店主の独り言etc
Twitterアカウント @kinsei_nakamura



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



西院にある「らーめん 鶴武者」さん。
こだわりの無化調と個性的な自家製麺で、その人気ぶりは加速するばかりです。
この日は店内満席、常に待ちが絶えない状況でした。

rtkdcm01574.jpg rtkdcm01578.jpg

メニューに変化はありません。
押し付けがましいものではなく、丁寧な説明はお店の雰囲気同様、店主さんの人柄が出ているような気がします。

rtkdcm01576.jpg rtkdcm01577.jpg

「窯出しちゃーしゅー麺(1000円)」
火曜と土曜の夜のみ提供される特別メニュー。
オーブンから出したばかりの柔らかく、ジューシーなレアチャーシューがいただけます。
この日は通常のらーめんで注文しましたが、和風らーめん、つけ麺でもOKです。
一口飲んだ瞬間に「おっ!」と感じる複雑な出汁感。
動物系の濃度は低めですが、喉の奥まで押し寄せるような強い旨味が感じられます。
丸鶏、鶏がら、豚骨、野菜を長時間炊き、その旨味を凝縮させた白湯スープは優しく丸い口当たり。
あさり、かき、昆布、しいたけ、かつお節を加えたタレによる重層感が、あっさりとしたスープに厚みを持たせています。
ただ全体の印象はあくまでも穏やかなもので、補わずありのままで無化調の良さをストレートに伝えるといった感じです。

rtkdcm01584.jpg rtkdcm01581.jpg

オープン当初から何度もマイナーチェンジを繰り返されたモチモチの自家製麺。
スープがよく絡むように手もみされているのは変わっていませんが、頼りなげに感じたこともあった歯ごたえや、ヴォリューム感は見事に改善されていますね。

窯出しチャーシューは噛めば噛むほど肉の旨味が感じられる最高の味わい。
柚子胡椒、ハーブ塩でいただくも良し、スープに浸しても良しです。
残った柚子胡椒をスープに溶かすと、柔らかかったスープが一変してキリっとした表情に変わり、しかしそれでいて鶴武者スタイルは崩れずで、大変おもしろいなと思いました。

ラーメン、お店の雰囲気から感じられるのは、やはり心を癒やしてくれる名店「伊佐夫」さんや「和海」さん同様のSWEET EMOTION。
店主さんのこだわり、思いも、それらのお店に負けていませんね。
京都のオンリーワン。もちろん「鶴武者」さんも、そのひとつですよ。

★★★★

住所 京都府京都市右京区西院矢掛町
電話番号 075-322-7015
営業時間 11:30~14:00 18:00~21:00
定休日 水曜日
駐車場 なし(近くにコインPあり)
ブログ らーめん 鶴武者
facebook らーめん 鶴武者
Twitterアカウント @westvill_furyu



人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

お気に入り

このブログをリンクに追加する

お店のサイト

あいつのラーメン かたぐるま
いっちゃんラーメン
俺のラーメン あっぱれ屋
頑固麺
祇園麺処むらじ
キラメキノトリ
京都千丸しゃかりき
吟醸らーめん久保田
極太清流らーめん
拳ラーメン
拳10ラーメン
下鴨 塩見家とんとん
セアブラノ神
本家第一旭 たかばし本店
高安
地球規模で考えろ
珍遊
珍龍軒
つけ麺マン
天骨庵 慶心 庵主録
天天有ひるまや
豆乳らーめん専門店「豆禅」
中華そば 東龍
麦笑 豚人
まる担 おがわ
麺喰亭
麺工房 華楊
麺処 雁木
麺屋 極鶏
麺屋シマフクロウ
麺屋ソミーズ
麺屋 中野
夢を語れ
ラーメンたっちゃん
ラーメン たぬき屋
らーめん 鶴武者
らーめん のん

Kitchen OMUHICO
豚骨やたい 九州雄
二天一流
バリバリジョニー
幻の中華そば加藤屋
幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章
まるきや翔華
麺屋げんた
麺屋 號tetu
麺屋ジョニー
麺屋 白頭鷲
麺屋風火 大津青山店
麺や 結
ラーメンいっこく
らーめんチキン野郎
ラーメン桃李路
ラーメンにっこう
らーめん みふく

あす流
一日一麺LAB⁺
かしや
カドヤ食堂
極麺 青二犀
KUCHE
彩色ラーメン きんせい
三麺流 武者麺
中華そば ふじい
中華そば 〇丈 maruJOE 
中華そば 無限
鶏soba 座銀
フスマにかけろ 中崎壱丁
みつか坊主
麺と心7/JUNK STORY
麺屋 彩々
麺や拓 エビス店
麺屋のりお
麺屋7.5Hz
らーめん香澄
らーめんstyole JUNK STORY
らーめん大斗
龍旗信

彩華ラーメン
麺処 と市
屋台ちかみちらーめん
らーめん春友流
らーめん文福
ラーメン家 みつ葉

大かわ
しぇからしか
必死のパッチ製麺所
房's
ラーメンたんろん

麺ダイニング月乃家

あすの澪
開花屋楽麺荘
鉢ノ葦葉
menkou ともや
麺や 暁
麺屋 すみか
有機栽培野菜のらーめん すみれ
らーめん門蔵

空庵
つけめん舎 一輝
麺の坊 晴レル屋
麺座 かたぶつ
麺屋 桜
麺屋 はなび
山之手 虎玄
らぁ麺 飛鶏
らぁめん こはく

一兆家
鳥そば 真屋
麺屋 三十六房

しゅんしゅんめん
牟岐縄屋
麺屋 勝木
横浜家系らーめん英
ラーメン 多弐家

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

麺屋直送便
無料イラスト素材 イラストバンク